谷川岳へ

このホームページを始めたころ、高尾山に登った記事を書いたんだけど


その後も筑波山、烏場山(千葉県)、大山(丹沢)、御岳山と東京近郊の日帰り登山を楽しんでいました(わざわざ記事にはしなかったけど)。
そして今回初めての2000m級の山へ!。
そう、有史以来「魔の山」とも言われている上越国境の谷川岳。


ロープウェイを降りた天神平スキー場(7月12日午前10時)


相棒はいつも通り義弟。トイレで昼食用の水を仕入れて出発!
標高1300m以上のここでも既に空気は程よく涼しく、とは言えハードな行程(われわれオッちゃん的にね、あくまでも)である以上、熱中症にも最善の注意をしなくちゃね。

バイクのツーリングでも登山でも、同行者に迷惑をかけることは避けなくてはいけない最重要課題なのです。


台風一過でカリッカリの晴天のもと、ここから登山道が始まります。


しばらくはちょっとハードなお散歩コース的な感じで緩やかに登ったりちょっと下ったり。まだまだ遠くに見える谷川岳や正面の宝ガ岳を写真に撮ったり。
それでもすぐにクサリ場も登場。


クサリ場を登る義弟


案外あっさりと最初の熊穴沢避難小屋に到着。
はぁはぁすることもなかったので団体さんのグループが出発したらすぐに出発。
ここから「天狗の留まり場」まではまだまだ林の中を歩くので景色に変化が無く、肝心の谷川岳も見えません。

が、

「天狗の留まり場」を過ぎると景観は一気に変ります。急な登りと一気に開ける視界!
と、同時に登山者の数が増えたような気がします。
この人たちは何時から登ったんだろ?
下山してくる人を待ちながら呼吸を整えますが、檀蜜ねぇさんもいないのに「はぁはぁ ぜぃぜぃ!」


さらに険しさを増す上り


「天神ザンゲ岩」を過ぎるといよいよ肩の小屋が見えてきます。
谷川岳に登っている実感がわいてくる瞬間ですがもともとあまり筋力が無いことを自覚しているので、
「膝に負担をかけないように。足場の悪いところに接地して足首や膝をひねらないように」
慎重に登ってきました。

このあたりは谷川岳登山のクライマックス!
かなりの数の登山者がここで休んでいたので景色も良いのでしょうがボク的には余裕無し。
迂闊にも谷川岳に挑戦したことをここでザンゲして引き返したいくらいでした。


だんだんと近づく肩の小屋



目の高さになってくる万太郎山の美しい稜線


一歩づつでも確実に標高を稼いでいる実感があります。
肩の小屋到着は12時45分。写真を撮りながらとは言え、ずいぶん時間がかかりました。
最低でもトマの耳までは登りたい。そう思って小休止して出発。
重いザックをここに置いていく人も多いみたいですが、食事がまだの我々はちゃんとザックを背負って登ります。


15分ほどでトマの耳登頂!


正直に書くと、帰路の体力を考えてここまでで良いかな?
と、思っていました。
が、その奥に見えるオキの耳を見るとどうしても、登りたくなりました。


トマの耳から臨むオキの耳


別にクライマー魂に火がついた!
訳じゃなくて、
「ここで諦めて、次回こんなに苦しい思いをもう一度するくらいなら、今行った方がイイ!」
ってチョー個人的な理由です。
それに、今回は膝痛が無い(ココ大事!)
伸ばすときに痛む膝を抱えて、あの距離を下るのかと思うと憂鬱ですが、まだ大丈夫!


のぞきに自生するミヤマキンポウゲ、可憐ですね


オキの耳で「フォ〜!(古っ)」(13時30分)


三度目の正直でようやくの登頂
実は去年の秋に前乗りで水上温泉に泊まったのですが、翌日が大雨で中止。
2週間前にも登山予定だったのだが悪天候でキャンセル。
2度の待ちぼうけのあとに登っただけに感激もひとしお。
しかも回りは素晴らしい景色。


「いつか見てみたい」

そう思っていた景色を肉眼で見ることができて、ものすごく爽快な気分。
ここでようやく食事。
バーナーのガスを忘れるという事件があったものの、眼下に湯檜曽川を眺めての食事は最高です。
空気も旨い(味はしないけど)し、たまに聞こえる独特なハルゼミの鳴き声が高山に来た実感を倍増してくれます。


下山開始は14時35分。
さすがに登山者は少なく、自分のペースで降りられるので気楽♪
肩の小屋付近で力強く登っていく女性二人とすれ違う。
「銀マットを背負ってるから、どこかで泊まりなんだろうか?すごいなぁ」

なんて思う余裕もまだあったんだけど、下りは大変。
階段だし岩場もあるので、途中でストックをしまって降りました。
そうそう、食事の後にカメラもしまって集中して下山します。
ロープウェイもの時間が気になっていたし、ヘロヘロだったし(笑)
余談ですが今回のカメラはキャノンEOS7D。レンズは24-105mm F4.0です。
前夜まではEOS-Mを使おうと思っていたのですが、合焦の速さを考慮しました。
重かったですが、結果的に正解だったと思います。


肩の小屋からの下り、遠くに見えるのは天神平スキー場とロープウェイ乗り場


膝痛にはならなかったけど、笑う膝と格闘しながらの下山はかなりスリリング!
きっと、一歩踏み外して滑り出したら自分の体重を支えられなかったと思う。
ゆっくりであっても、確実に歩くことが今の自分にできる最大最高の行動。
途中、県警のヘリコプターが山岳レスキュー隊員を降ろしたり、吊るし上げたりしてたけどちゃんと見る余裕無し。もしかしたら、ロープウェイ乗り場に下山者の情報を伝えているのかな?と思ったんだけどそうじゃないのは後ほど分かった。

例えば高尾山だと自分の居場所がわかるような、看板やコース図などもあるから不安は無いけど、谷川岳にはそういったものはほとんど無く、自己責任での登山であることをひしひしと感じますが所要時間が分からないのは少し不便で不安。
ようやくたどり着いたロープウェイは最終の15分前。しかも、みなかみ駅へのバスは「もうない」との事。
おいおい!往復のチケットを買ったんだから、ロープウェイの最終にあわせたバスの運行しなくちゃダメじゃん!自販機の冷たいのはあらかた売り切れだし、釣り銭切れで買えないし。

ロープウェイに乗るとすぐに谷川岳は見えなくなる。


あっけない終わり方…………。


麓の駅で缶ビールで乾杯しつつ、帰路の電車を調べると水上駅18時37分発の上越線に乗らないといろいろ不都合がある事が判明。
ここで、先ほどの女性二人が下山してきたところに出会いました。西黒尾根を登ってきたとの事
パワフルです。


温泉を断念して上野の焼肉店へ。
血となり肉となるレヴァー、ンまかったです。


「motogenic!」でのスタジオ撮影・山ロケ撮影のお問い合わせ・お申し込みはこちらからお気軽に









車両・写真の感想がありましたらこちらに

非公開コメント

 トラックバック 

http://motogenic.jp/tb.php/87-728f9513