Gulf ノスタルジックカーショー2013その2

日にちが空いてしまいましたがGulf ノスタルジックカーショー2013 袖ヶ浦の2回目。

今回はバイクにスポットを当てています。

まずは
T-20Racer1
スズキT-20レーサー(プロトタイプ)

オーナーさんによると現存する車両は、これともう1台が英国にあるだけだそうです。
どんな経緯で開発されて発売断念に至ったのか興味のあるところ。

T-20Racer2
少し色を落としてみました。

現代の基準とは比べるまでもないのですが、戦う道具としての機能美に満ちていますね。


Honda C71
ホンダC-71

会場に入って最初に目についたのがこのC-71。
輸出仕様だったらしくマイルメーターでした。
このエンジンが名車CB72に発展していく訳ですね。
マニアックな事を書いちゃうと、多分180°クランクの高回転型。
いいオトしそうです。
奇麗にレストアしてあって独特なドクロタンクも健在です。
そういえば、かつて所属していた浅間ミーティングクラブにはCR-71があった事を、いま思い出しました。


ヴェロ1

ヴェロ2
ヴェロセット(モデル名不明です すみません)

こういったビンテージモデルを走らせる情熱には本当に頭が下がります。


KR-TT2
H/D KR-TT

こちらもT-20と同じ2ストロークのレーサー。

なんちゃって(笑)
SVの45°V-ツイン。ハーレーのエンジンレイアウト故のエンジン音はいつどこで聴いても独特ですね。
しかも年式やヘッド形状に関わらず同じように轟いて魂を揺さぶります。

KR-TT1

カウルの形状が、同じ時代の日本製レーサーよりも洗練されていると思うのは motogenic! だけ?


T-20Racer&Ferrari

こんな風に老若男女(乗り物のね)が行き交うのも、このイベントの成熟度を表していると思います。


gulf3
Gulf OV-29

ビンテージではないものの、製作者の方の情熱に頭が下がる1台。
シリンダーのみがKSR110で、その他ほとんどがワンオフパーツ。
アフターマーケットのパーツもよく吟味されているし、ポン付けしていないこだわりもあいまって素晴らしい仕上がりです。

gulf2

motogenic!が一番気にいったのはこのバーエンドウィンカー。
LEDが仕込まれていてとても素敵な造形でした。
タイラップもフレームと同色のオレンジを使うなど、情熱は徹底していますね。

gulf1

感服です。








車両・写真の感想がありましたらこちらに

非公開コメント

 トラックバック 

http://motogenic.jp/tb.php/39-baffc45a