FC2ブログ

motoGP

なんて言うか、









RCV1000R

かっこ悪い


こんにちは
東京・武蔵村山のバイク写真スタジオ「モトジェニック!」です

もはや、美しくない
と、言った方が正解かな
かつて、「速いマシンは美しい」なんて言ったけど、21世紀では死語

レーサーだから速く走るために必要な機能的なデザインなんだろうけど、
テールカウルが小さいのはマジでいただけない
上からマシンを眺めた時のコークボトルデザインは見当たらないし、エッジばかりのカウルも………ね

「motogenic!」が一番好きなのは、1982年のRGB500なんだけど(ウンチーニのチャンピオンマシン)、
その流麗なデザインからするとRCV1000Rはすでにゲテモノ


デザインついでに書いてしまうけど、今の国産車(クルマね)のデザインも最悪
特に後ろから見た時のテールランプの醜悪なデカさには、メーカーのデザインチームのセンスを疑うね

カクカクしてボディからはみ出してるテールランプをデザインしたデザイナーは、
女性のお尻の丸みの素晴らしさを知らないのではないかと心配になってしまう



レストアしたレーサーやカスタムしたバイクをスタジオ撮影でハイクオリティの写真に残してみませんか?

お問い合わせ・お申し込みはこちらからお気軽に



250%

成人式

早生まれの「motogenic!」は19歳の1月15日が成人式だった
1983年のことだから、31年も前の話


多分そのころの写真



若いなー
1983年の成人式当日は人生初のレース
サーキットを走るのも初めて



翌、1984年の成人式当日の写真
クジ引きの予選三列目からホールショットを決めてる#90が「motogenic!」

この写真はFacebookにも載せてるから見た人は多いと思います
ハタチの自分から数えて2.5倍の年齢になってちょっとだけ振り返ってみたりしようかな

と。


☆★☆★☆★

3年後、君は運命の人に逢うよ
30年後サヨナラしちゃうけど、綺麗な思い出になるから後悔しないように

バブルがあったり、崩壊したりしたけど19歳の君と同じで、50歳になっても財産には無縁
どちらかと言うと借金の方に縁があるけど低空飛行の会社は、まだ続いてるから心配するな
ただ、もう少し経済学を勉強しとけ
しなくてもなんとかなってるけどな

それから、その時にピットにいる友人達は30年後にもダチだから安心しろ
毒にも薬にもならんが……(少しはクスリか)

でもな、胸を張ってもいいことがある
それは、やりたいと真剣に思った事はほとんど成し遂げてる事
もちろん代償も払ってはいるが、随分がんばったよ だけど君が憧れている国際ライダーにはなれなかった 40歳を過ぎてから、もう一度チャンスがあるから必死で走るように そして、それまでスピードを失わないようにな


それとな、バイクに出会う前に漠然とカメラマンになりたいと考えていたようだが、それは50歳になってから叶うよ

それからの事は今は分からないけど、君のことだからあらゆる努力をしているはず
それは19歳の君と何一つ変わっていないよ


敵も味方もたくさんいる人生だけど、30年後もなかなか楽しく生てるぜ

オリジナルカレンダー

Jan.2014

明けましておめでとうございます
昨年は当社運営事業へ格別のご厚情をいただきありがとうございました
本年も昨年以上のお引き立てをお願い申し上げます


当社オリジナルカレンダーをご紹介します
「年賀のご挨拶にタオルや壁掛けのカレンダーじゃ、ちょっと……
もっとオリジナリティを演出したい」
そう思い製作しました
おかげさまでご好評をいただいています

写真はTDLのメリーゴーラウンド
午年なのでこれを1月に持ってきました


カレンダーは毎月アップの予定です


お問い合わせ・お申し込みはこちらからお気軽に