FC2ブログ

ANA機体整備工場見学Part-2

東京・武蔵村山市のバイク撮影スタジオ「motogenic!」です

羽田空港ANA機体整備工場見学、ブログ続編
ブログの続編を書くのは実は初めて、少々緊張するなぁ


続編は整備中のANAの飛行機にフォーカスを当てることにします



整備機器に囲まれて、身動き取れないB767


ノーズコーンの中には気象用レーダーが収まります


エンジンカウルが開いて整備中


胴体下の「ETOPS」の標記は洋上飛行可能なエンジンを搭載した飛行機であることを示します
日本を飛ぶ飛行機には必須ですね


綺麗なANAカラーの尾翼


整備中のB767
世界中の航空会社で主力機として使われていますが、あまりスタイルに個性がなく「motogenic!」的にはあまり興味の湧かない機種です

余談になりますが「motogenic!」はB747が一番好きですね
自宅からは米軍横田基地に降りてくるB747を見ることができますが、4つのジェットエンジンの音は綺麗なハーモニーで、大きなフラップを下ろして特徴的な2階建ての機首をリフトして滑空する姿はとても感動的です
若かりし頃、

いつかはこれに乗って海外旅行に行くんだ!

と、思ったものですしそれが実現できた時は結構感動したものです


2番目は意外にもB737、小さな機体に大きな垂直尾翼のバランスが仔犬みたいでキュートです



アロハ航空のB737 コナ空港



そして色々な意味で注目のB787ドリームライナーです




















初期トラブルが解決したのか、していないのか
それとも固有の機体だけに発生したトラブルなのか気になるところですが、
撮影しながら観察すると、ドアと機体の間隔(自動車板金の世界では「チリ」だとかって呼ばれるそうです)が他の機種よりも狭く、精度の高い造りになっています
これはB787以外の機種がアルミハニカム構造なのに対して、
温度変化に強いカーボンファイバーを構造材に使っているおかげですね
普通、飛行機に搭乗する時はドアは空いているので、
こういった機会でもなければ確認できません
日本の技術力を世界に誇れる小さくても大事な部分です









フォトジェニックなB787ドリームライナーのエンジン"通称トレント"

格納庫では様々な整備機器や足場に囲まれているので、
特徴的な翼の全容を見ることはできませんが、
エンジンだけでも十分に撮影意欲をそそります




こちらは見学受付ロビーにディスプレイしてあるDC-3のエンジン全容
戦時中の物ですから70年前のレシプロエンジンですが、
その機能美は工芸品のように感じます

ネタ的には戦時中の飛行機つながりですが、3月に所沢航空公園で栄エンジンを始動した零戦52型



端正な機能美です



現代の水準では考えられない潤滑系




飛行機以外も整備しています

大きな機体ですが、飛行機には無駄な空間が無く、
設計はもちろん、整備も大変な事だと思います
SST(専用工具)や機種ごとの知識も必要ですし、何よりも問題を先送りにしない姿勢が要求される職場だと感じました
朝夕の工具箱の点検や、トラブルを極力少なくする工夫も大切な職業であると言えるでしょう
小学校の同級生が飛行機の整備士になりたがっていましたが、
今、どうしているんだろう?


ANA機体整備工場見学Part-1

いつも行き当たりばったりの撮影ばかりしている、武蔵村山市のバイク撮影スタジオ「motogenic!」ですが、今回は大物の撮影にチャレンジしてきました。




夕陽中、ランディングするB787ドリームライナー

きっかけはBS-5で放送していた「ハロー フォトラヴァーズ」。
写真を撮るワクワクを伝えてくれるこの番組が終わってしまったのはすごく残念です。

羽田空港の整備工場見学は日本の2大キャリア、JALとANAのどちらも受け付けていますがANAの予約を取りました。
バブル世代の「motogenic!」にとって飛行機と言えばB747!
このB747を来年3月まで運行しているANAなら整備中の機体に会える可能性がありますが、ルーティンの関係なので如何に?
状況によっては一機も飛行機がいない時もあるそうです。
機体工場の見学は、折からの「大人の社会科見学」ブームとあいまって大人気!
冬の寒い時期でさえ満席ですが、幸いにも空きのある最短の日にちを確保することができました。

時間ギリギリの午後3時、国際線ターミナルからタクシーを飛ばして到着するとダグラスDC-3のエンジンが出迎えてくれます。
一般の人にはそれほど注目されないディスプレイですが、バイク乗りの「motogenic!」は空冷エンジンの冷却フィンや、プッシュロッドトンネルの造形、星型14気筒のレイアウトなどが間近で見れてテンション上がります。
つい最近、終戦直後の佐渡に不時着したDC3の映画「飛べ ダコタ」を観たばかりだし。




当時の技術がしのばれます


30分のオリエンテーションの後、ヘルメットをお借りしていよいよ格納庫へ。
羽田空港メンテナンスセンターには二つの格納庫があり、東京ドームの数倍だとか。
広大な設備です。
ちなみにオリエンテーション時にはCAの制服着用の女性が担当なさいます。♡
機体の説明の他、工場内でのルールやマナーの説明がありますので、CAさんに見惚れることなくちゃんと聞きましょう。





また、写真撮影に制限はありませんが、「motogenic!」のように自前サイトやFacebookなどのSNSに掲載する場合は、必ずANAの事前承認を得ておく必要があります。
勿論、「motogenic!」に掲載する写真は承認済みですが、転載はご遠慮ください。

20人ほどの4つの班に分かれて建物内部を移動、




西日が当たる格納庫へ!




最初に出迎えてくれたのは、イングリッド・バーグマンの鼻を思わせるB767の垂直尾翼
滑らかな曲線美にため息が出ます




夕陽に照らされる主翼




水平尾翼




もういっちょ


斜光の中、CAさんの説明を受けながら格納庫を巡ります



CAさんのヘルメット姿に萌えました


整然とラックに収まるタイヤ





B747型機のタイヤです

一本でスーパースポーツバイク一台分
ほとんどの機種は国産B社のものを使用していますが、フランスの機体エアバスA320型機は同国ミシュラン社製のものが指定タイヤのようです。

同じように機種によるエンジンにもキャリアによって違いがあり、
例えばB787ドリームライナーの場合、
JALはアメリカGE社製
ANAは英国ロールスロイス製のエンジンを使用しているそうです



ロールスロイス社製のエンジンには英国の河川に因んだ名前が着いているそうで、B787のものは「トレント」エンジンの通称があるとのことでした。






造形美を感じさせるトレントエンジンのタービンブレード

格納庫内には様々な整備機材や機体から取り外されたエンジン、それに見慣れた工具があって、航空整備士さんたちが働いていますが、比較的ゆっくりと時間が流れているように感じます。













続く

原宿

先週、原宿竹下通りを歩きました。


竹下通り


おっちゃんはどこを見ていいのか分かりません。
だれとも目を合わせないようにアウト・フォーカスして歩きました。


そのおかげか、オヤジ狩りにあわないで無事通過………