ビジュアルがいちばんです

こんにちは東京・武蔵村山市
居間に飾れるバイクの写真
Bike&Visual motogenic!です


しばらくぶりの更新となりますが、その間も割とスクランブラーのアップデートは重ねてます。

今年前半の最大のアップデートはブレーキマスターの交換
もともと手持ちのAPレーシングをチョイス。ノーマルのカックンブレーキが解消されました。
また、レバーを握り込めるようになったことでフロントサスのストロークを充分に使えるようになりました。
純正のフロントサス、案外いい仕事してますね。


マスターを替えて気になりだしたのが、ブレーキのプアーさとリヤサスのバッタバタ加減です。
せっかく、フロントサスがちゃんと仕事してても、リヤサスがぶち壊し……
で、替えてきました。もちろんスウェーデン製のあいつです。
取り付けはボルトを2本外してチョチョイのちょい

ステップホルダーが邪魔だけど、エイヤッっと吊るしてチョチョイのちょい





クラシックはタンクの色とスプリングの色が同じですっごくおしゃれ。やっぱビジュアルがいちばん
スクランブラーに乗ってる方なら分かると思うけど、結構リヤサスからの突き上げが激しくて、路面の悪いところではバタバタしちゃうし、そんな場所でシフトアップすると思いの外アクセルひねってギクシャクしちゃうよね。
さすがオーリンズ、そんな場面でも上品にいなしてくれて乗り心地もアップ。


ハンドリングに関してはリヤタイヤの存在感がハッキリしてきて、ドゥカティの美点である「アクセルとリヤタイヤが繋がってる」感覚を強く感じられるようになりました。
アクセルを開ければリヤタイヤはフロントタイヤの外側をまわり、戻せばニュートラルに戻る。
また、切り返しや交差点の立ち上がりでもリヤタイヤがもたついたり、粘ったりするネガティヴが解消されました。


次はブレーキパッドの交換。

メタリカのパッドは秋には発売されるらしいので、楽しみです。



オーリンズは北欧ではなく、車体同様微笑みの国からやって来た子でした。

スクランブラー部品交換

来月の週末は、バイク撮影の予約が多いので今日と明日はスクランブラーのメンテナンスと各種取付。●ETC取付
●ヘッドライトバルブ交換
●ヘッドライトブースター取付
●ブレーキマスター変更準備
●ウィンカー交換
ウィンカーはYAMAHA ・AT1とHT1の当時物。
SR400
ノートンコマンド750
ドゥカティ851
と、代々使ってる。
特にレジェンドでは無いけどね

ヤフー検索で1位になりました

スクリーンショット


しばらくぶりの更新です
スクランブラーはあれからあまり距離が伸びず、チョイ乗りばかりです。
特にツーリングが雨で中止になったので、「motogenic!」としてもフラストレーションが溜まります。
が、ETCと明るめのH4バルブを入手したので、寒い時期の機械いじりの楽しみにしようかと思っています!

さてさて、相変わらず大人気のDucati Sclambler、2016モデルとして中型免許対応の400cc「Scrambler Sixty2」も発表されましたね。
走りは期待できなくても雰囲気は楽しめそうです。
そして、このところ「motogenic!」HPもスクランブラーの検索でおいでになる方が増えてアクセスもうなぎ上り!
「スクランブラー ツーリング」や
「スクランブラー ハンドル交換」
のキーワードが多く、関心の高さが伺えます。
ヤフー検索では、堂々の第1位獲得です

正直なところ、スクランブラーの走りはライダー次第です。
DucatiだからといってもSBKのような走りはできませんが、楽しさはライダー次第で無限大です。

ツーリングだってバッチリ使えます。
カウルがないとか、荷物が積めないとか考えちゃう前に新車を買って走りだそう!

そして納車後は、

憧れのスタジオ撮影をどうぞ



ご用命お待ちしています